環境と豊かさが持続する社会のために

事業・プロジェクト


スリランカ・キャンディ地区の無収水削減事業

  
昨年来、JICA(独立行政法人 国際協力機構)と協議を続けていました、スリランカ民主社会主義共和国キャンディ地区の「パッケージ型無収水削減策の普及・実証事業」について、平成27年3月25日に、JICAと業務委託契約を締結しました。
スリランカの上下水道公社の中部州支援センターの管轄区域に3か所のパイロットエリアを設けて、次の4つの活動をパッケージとして実施することにより、現在の34%の無収水率を17%に低減させる計画です。
1.漏水発見器(リークチェッカー)の利用による漏水の早期発見
2.確実に計量する日本製の水道メータの採用
3.ハンディターミナルを利用する検針・料金システムの導入
4.漏水を未然に防止する給水管施工管理基準と施工技術の指導

水といのちのものづくり中部フォーフラム、名古屋市上下水道局の全面的な協力による官民連携事業として実施されます。
事業期間 平成27年3月〜平成29年5月
事業費(JICA業務委託金)9,999万9千円

 この事業は、平成25年度補正予算 中小企業海外展開支援事業〜普及・実証事業〜として、平成26年6月末に仮採択されたものでが、スリランカ政府、上下水道公社との折衝を経て、この度の契約締結に至ったものです。

 

 

 



概要資料












 
会社概要 事業・プロジェクト リンク お問い合わせ